4/2は入間市民卓球大会(団体戦)です

久しぶりの大会参加です・・・が、今月練習できたのが2回!来週は練習できるかどうかわからないでの試合に出るのがかなり不安です。今週木曜日の練習は、久しぶりの練習だったんですが、わりによく動けて楽しかったです。次の日はあちこち筋肉痛で階段の上り下りが辛かったですが・・・。そういえば最近、粒高でのバックハンドが気持ちよく入るんです。ラケットを寝かして擦る癖が取れたのでしょうか?上手くラケットにボールがのってくれて、コースも好きなところに打ててます。いれればいいという意識がうまく打てているのだと思います。バックで攻撃ができると、相手が無理してくれるので有利に組み立てができます。いずれにしろ練習不足なので、団体戦はメンバーにがんばってもらいましょう。/master

 

TODOは、デジタルよりも紙です!

デジタル=便利は嘘です。入力が手間ですよね。と言っても、最近は音声認識や画像認識でかなり楽にはなってきました。masterはiPhoneの入力が嫌いなので、できるだけ音声入力します。人がいないところに行って、ごちょごちょと言うと、ほぼ完ぺきに文字にしてくれます。ほんとは、会社でも使いたいのですが、うるさいので・・・。時間管理は、デジタルのほうが良いようですが、ToDoだけはデジタルだとポカをしてしまいます。何度やっても駄目です。masterは数年前からToDoについては、デジタルをあきらめ、ノートにしてます。とにかく処理しなくてはいけないことを、仕事・プライベート関係なく全て書き出します。書き込む内容は、日付と処理する内容のみ。処理が済んだら、チェックか線で消します。単純でとてもいいです。ノートはA5サイズの薄いバインダーです。罫線がない白紙を購入して、プリンターで罫線を入れます。自分に一番適したToDoノート(チェックリスト)を作り込んでいます。自分が自分でどうしたいかを理解すると、マイデザインのノートは面白いです。罫線なので、エクセルで簡単に作れます。皆さんも、何かに不満があればマイノートを作るといいです。そのほかにも、紙にしている部分はたくさんあります。masterはコンピュータを使いこなしている!というイメージを持たれている方は多いかと思いますが、コンピュータの良さがわかるだけに、これは紙でしょ!というところも判ります。今のコンピュータの仕組みでは、紙の一覧性には遠く及びません。コンピュータの表示を少しでも多くしたいので、会社では2画面使用しています。これでも紙に比べたら足りないです。気分はパーッと広げたいですよね。将来の願いは、机の上に紙みたいな液晶パネルをパーッと広げて、そこに表示したり書いたりが自由にしたい。これができれば、煩わしいキーボードやマウスともバイバイですね。masterがよぼよぼのおじいさんになる前にどなたか作ってほしいです。ちなみに、masterはブラインドタッチはできませんが、業務に支障がない程度に入力はできます。 さて、今日もコンピュータと向き合いますか!/master

左から、日付・チェック欄・内容・チェック欄・チェック欄・予備。という簡単なデザインです。予備は、誰々に依頼とか、チェック欄もいっぱいありますが、特に何用とか決めずに使ってます。予備には、上から番号を振っています。行数を数えるのに便利なだけで、特に意味はないです。右上のIruma Softが自分のだよ!と言いたげでいいでしょ。

2017note

 

ソフトが組めるといいことあるか?

卓球とは違う趣味(何かは言いませんが、怪しい趣味ではありません。)で、先生とソフトの話になり、初めてmasterがソフトが組めることを知らせると、「ソフトが作れると、何でもできていいですね!」と言われました。仕事でソフトを組んでいるので、羨ましがられるような「いいね!」は普段感じません。自分に無いものをいいねというのだと思いますが、改めて「何でも作れる」ということを考えてみると、確かに創造力を発揮できる手段を手に入れていると言えるのかもしれません。コンピュータを操ることができる人間の一人といえます。でも仕事のソフトは、キツイ事の方が多いです。仕事には、納期があるし、先端技術に近かったりすると、マジで眠れなくなります。いいことあるか?と言われると、キツイ仕事です。となってしまいます。一般的には、いいことはないと思います。同業の人で、帰宅するとパソコンを開かないという方もいます。コンピュータから離れたいんでしょうね。

で、masterの場合はというと、ソフトはキツイ仕事の方が楽しい!変ですが、難しいソフトを作った時のほうが、たとえフラフラになっていたとしても達成感が凄くて止められません。ギーク(オタク)ですね。

「ソフトが組めるといいことあるか?」のmasterなりの結論ですが、ソフトは作ることが好きな人に任せたほうがいいです。ただ、ソフトがどうやって動くのか、組み方は覚えて損はありません。というか、これからの子供達は必須知識ではないかと思います。もう少し(?)で、AIと付き合うようになります。その時、指示が出せるのは、ソフトの組み方を知っている論理的思考を身に着けた人間だと思うからです。若者よ、頑張れ!/master

裏山に、まだまだ咲き誇っている梅です。住処としたら、自然に接するくらいのところがいいです。便利ではないですがね。

201703ume

iruiruのレジ

iruiruはスタッフを最小にしてあらゆる場所IT化しています。レジも一昨年自社で作成し、一部ネットのデータと連動してます。通信が途絶えるとお店でレジが動かなくなってしまうので、商品データはレジに保存。弥生販売と連携させているので、独自のソフトを動かしているとデータのやり取りが面倒です。スタッフによってはパソコンに慣れていない人もいるので、だれでも使える!を目指して作りこんでいます。自分でも便利だな~(自画自賛)と思うのが、レジの予約機能です。未発売の商品やお取り寄せの時、レジで予約ができ、お客様にも予約用紙を渡せます。予約伝票にはバーコードを付けておき、商品が届いて、お客様が受け取りに来られたら、バーコードでデータを呼び出せるようになってます。POSレジのように、バーコードでレジを打ちます。また、お客様の購入履歴も呼び出せるようになってます。「同じラバーと貼り替えてください」と言われたとき、厚か中かわからないときがありますが、このレジならラバーをはがさなくても履歴で判ります。IT化は効率が良くなり時間が空きますので、接客サービスの時間が多く取れ、サービスの向上につながります。もちろん、自分たちも楽になります。弥生販売を使用しているので、完全オリジナルではありませんが、自分たちの都合のよいソフトを作り込むことで、効率を高めています。現場の要望を取り入れ、気が付いたら時間を作って、ソフトを次々と作りこんでいます。レジソフトを作ったお陰で、帰宅時間が早くなりました。/master

春分の日に裏庭を歩いていたら、芝桜が咲き始めていました。昨日は東京で桜の開花宣言でしたね。花が咲き、気分も一気に華やいでいきます。

201703shiba

ラバーウォーマーを使用した時の温度

熱放射熱を測って温度を計測する、ちょっと便利な測定器とUSBからどれだけ電流が流れているかを簡易計測できる器具を使って、ラバーウォーマーを使用した時のラバー温度を測ってみました。

まずは何もしないとき。室内とほぼ同じ23.8度。

warmer001

ラバーウォーマーを密着させ、ウォーマーベルトで固定。

warmer002

ラケットケースのチャックを閉めて、バッテリーをON!バッテリーのコネクタに付いているのが、電流測定器です。これを見ると、5.03Vの電圧で、0.59A流れていると表示されています。どんだけ流れているか見るのに超便利なグッズです。2000円弱ぐらいのものです。

warmer003

30分経過。ケースを開けて温度測定。42.2度!十分温まりましたが、さらに15分温めてみます。

warmer005

開始から45分経過。45.6度になってます。さらに15分温めてみます。

warmer006

開始から60分経過。47.6度になってます。そして、あと15分。

warmer007

開始から75分経過。48.8度になってます。

warmer008

ラケットケースに入れて30分程度待つと42℃くらいになり、さらに長く温めると50度近くまで温かくなります。

十分温めると長い時間、柔らかさが持続するので、練習前や大会前は早めにセットしておくといいです。

パソコンで「これいいです!」といえるのは surface

仕事上、パソコンはそれなりに触ってきましたが、いつもどこか不満が残るものがほとんどでした。「どのパソコンがいいですか?」と聞かれると今までは、予算にあったものを薦めてきましたが、surfaceが発売されてからは、ノート(タブレット)でよければsurfaceがいいですよ、と言ってます。軽くて、早くて、タッチパネルで、ペンも使えます。外付けで薄いキーボードもあり、タッチもそれなりで、慣れれば不満なし。バッテリーもそれなりに長く持ち、ACアダプターは持ち運んでもOKなように小さく、軽くできています。集中して使いたいとき、個人的にはマウスがほしいので、Bluetooth対応のものを持ち歩いています。ほかに購入したのは外付けのDVDプレーヤー。どうしてもソフトのインストールがDVDからだったので仕方なく。

surfaceは、現在の技術で安定して動作する一番最適に作られたパソコン。と思っています。iPadはもちろんいいのですが、ソフトの開発ができないので・・・。情報を得る目的ならiPad最高!です。surfaceが発売されてから、いろいろな人に薦めていたんですが、昨年やっと手に入れ、現在使用しています。この投稿もsurface Pro4からです。ちょっと便利と感じたのは、AC電源にUSBコネクタが付いているところです。もちろん、携帯などの充電用に使用できます。携帯用のACアダプターを別に持たなくて済むので、ありがたく使わせてもらっています。強いてケチを付けるとしたら、LANケーブルが挿せないということぐらいでしょうか。別売のドックを購入すれば解決するのですが・・・。LANケーブルを使えれば、信頼した通信が確立するし、もう少し早い通信もできると思います。といいつつ、不便さは感じません。外出時は、iPhoneのテザリングでネットにつなげるので問題なしです。パソコン購入で迷ったら、surfaceを候補に入れてみても損はないとおもいます。masterからのお薦めです。/master

 

flower2017-03

今日は自宅の庭先で咲いている水仙です。うちには写真のように白いのと黄色いのが咲いてます。

日曜日!

日曜日だというのに、出勤予定ですが、iruriuはお休みです。すみません。<(_ _)>

明日の祝日は「春分の日」。二十四節気の一つですね。昼と夜の長さが同じになる日です。天気予報などでたまに二十四節気は出てきますよね。大人になって、暦をじっくり見てたら、何これ?と興味が湧いて調べたことを思い出します。あの頃のカレンダーは日付できっちりと祝日などが決まっていて、意味がある祝日のような気がします。今は便利な祝日が多いのですが、春分の日は、春分です。彼岸中ということもあり、家族でお墓参りです。忙しくても、時間を作って家族や習慣を大切にしたいと、年齢を重ねれば重ねるほど思います。よし、今日も頑張りましょう!/master

iruiru_hana001

ちょっと前に室内で撮った写真です。これからは自然豊かな家の周りの花が咲くので、楽しみです。

 

レジェンド

2017年の展示会で、DONICブースにレジェンドたちがやってきました。いるだけで圧倒されて、いざラケットを持ったら、魅せる!魅せる!魅せる!!!とちょっと他の言葉が出てきません。天才ですね。会場で卓球して遊んでいるのですが、すべてが何気なく凄い。そして、ブースに訪れた方たちと写真とサインで長蛇の列。50代前半の彼らが次にいつ来るか?来れるのか?わかりませんが、貴重な来日を心に留めておきたいと思います。今年の世界選手権はドイツで来年がスウェーデン。スウェーデンは彼らの母国。行ったらきっと会場にいると思います。団体戦なので日本にメダルのチャンスあり!今からスウェーデン旅行のために積み立てて、日本代表の応援旅行に行きましょう!/master

waldner2017-01 waldner2017-02

Withings の Active Pop を愛用しています

写真をアップしたいのですが、とにかく出歩かないんです。自宅から会社まで、800歩くらい。往復1600歩。社内で座りっぱなしだと、3000歩未満になってしまいます。一昨年、Withings の Active Pop という歩数計、睡眠時間計測などがついた健康志向の腕時計を購入し、使用しています。購入まで、Apple Watchとかなり迷いましたが、決め手はボタン電池で動作し、1回で8か月くらい持つ事でした。毎日の充電は面倒で忘れそうなんで、masterにピッタリです。睡眠時間は、測ることにより睡眠の確保に気を付けるようになり、ついでに歩数もわかるので、運動しなきゃ!という気持ちにもなります。masterはカットマンなので、卓球すると意外と歩数が増え、1時間くらいの練習で6000歩くらいになります。少し長く練習できた日は1万歩を超えます。この時計にはiPhone用のアプリ付いていて、体重などの記録もでき、忘れがちな体調管理が割と簡単にできちゃったりします。外すのはお風呂の時だけ。今では身体の一部みたいです。また明日! /master

2017WithingsActivePop

出勤時の歩数。やはり800歩程度。バンドは革製の別売のものを使用しています。気分で取り換えられるので、こういうタイプの時計もいいです。

 

話題のラバーウォーマー

今、話題のラバーウォーマーについて。

寒い時に使うのが、効果があるように感じますが、1年中使うアイテムだと考えています。使用したことがある方はお判りかと思いますが、ラバーの性能がかなりアップします。アップという言葉は実は間違っていて、ラバーの性能が十分に発揮している状態になります。寒い時期は、気温が低いので、発揮している時間はどうしても短いのですが、温かい時期や暑い時期では、効果が長持ちします。ラバーやラケットはほぼ気温の温度となりますので、気温が高ければラバーの熱が逃げにくくなります。結果、長い時間効果があるわけです。勝負にこだわる、用具にこだわる、感覚にこだわる方で、まだ試していない方は一度はラバーウォーマーを試すべきアイテムだと思います。梅雨時は湿気でボールが落ちることはいつものことですが、ラバーウォーマーでラバーを温めるとラバーが気温より温かいうちは、ラバーに結露しません。詳しくは空気線図を熟読(ネットで検索して調べてください)して頂くこととしまして、簡単に説明しますと車の曇り止め(熱線でガラスを温める機能)みたいな状態になります。つまり、温かいとその物体には結露しない現象が起こります。ボールや台は濡れているかもしれませんが、少なくとも自分のラバーは結露がない状態になります。これは環境試験室で確認されています。

使用方法ですが、モバイルバッテリーにラバーウォーマーを接続します。ケーブルには向きがありますので、無理に差し込まないでください。ラバーに赤い面をしっかりと密着させます。密着させるのにはウォーマーベルトを使用するのが確実です。密着しないと熱がラバーに伝わらず、思ったより温かくなりません。そして、ラケットケースにいれてしっかり密封します。30分程度待つと、程よい温度になっています。もちろん、30分以上使用していても問題ありません。一定温度以上は温かくなりません。ラバーウォーマーはとってもユニークなアイテムです。是非、一度お試し下さい。また明日!Have a good day. /master

iruiru_rubberwarmer

ご購入はこちら<(_ _)>