勝負勘

教えられない感覚?持って生まれた感覚?練習で勝負勘は養われる?

実際、競った時に勝てるのは「こころ」「精神」?

どれも当てはまってしまいますね。練習を積んで技術的に問題ないレベルの人では、試合に勝つかどうかは精神面が大きく影響すると思います。勝てる人はどういう精神で最期を戦っているのでしょうか?少なくとも弱気ではない。相手のミス待ちのような精神状態(消極的)でもない。投げやりな状態でもない。かと言って一か八かの賭けもしない。あくまでも自分の得意とする戦術を貫く勇気を持っていて、それを実行できる人が勝者に近いのかと思います。そこで、勝負勘!ここで点を取れば、相手が挫ける(?)という時に、勝負を仕掛け、点を取れるか。試合の流れを読み、勇気を持って卓球を続けられるか。諦めず、相手に挑み続けることを、最後の最後まで続けられるか。・・・というような事は、経験してつかむか、やっぱり持って生まれるか!でしょうね。指導するということは難しいですが、経験はさせてあげたいと思います。ジュニアの指導を担当してからは、卓球というスポーツを今までより深く考えるようになりました。技術だけでなく、精神面でも指導していきたいと思います。