音声入力がキーボードを追い越す!

音声入力の認識がとてつもなく良くなっていて、携帯などではひそひそと話してもしっかり文字に変えてくれます。masterも使用率がとても高くなっているツールです。特に余り考えず日常的な文書を打つときは、携帯にひそひそと独り言を言って入力してしまいます。出来上がる文章も話し口調になり読みやすい。もちろん、入力後はチェックが必要ですが、それはキーボードから入力しても同じこと。音声入力のコツは誤認識が在っても一気に変換して、あとで修正に徹することです。仕事の効率も良くなり、短時間で文書が入力できます。思い立った時に、ペラペラ~と一気に話せば、言ったことが記録されていきますので、スムーズな文書になってくれます。

弊社では、従業員にiPadを順次支給しています。ブラウザに入力することも多いので、iPadでの音声入力はとても効率を上げています。